龍潭 (りゅうたん)

 尚巴志王代、時の国相懐機が、安国山(ハンタン山)との対で掘らせた池。首里城の瑞泉の水が流れ込んでいる。俗にイユグムイ(魚池)と呼ばれる。王朝時代、冊封使が来流すると、重陽の宴に舟を浮かべ、若衆たちの舞楽が披露された。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス