社会

病院窓に「応援ありがとう」 南部医療センター「不安と闘い踏ん張る」

病棟の窓にメッセージを張り、県民へ感謝の気持ちを伝える県立南部医療センター・こども医療センター=22日、南風原町

 新型コロナウイルス感染症の治療にあたる沖縄県立南部医療センター・こども医療センターは22日、マスクや菓子の差し入れなど多くの支援が寄せられていることに感謝の気持ちを示そうと、4階東病棟の窓に「応援ありがとう」のメッセージを掲示した。

 和気亨院長は「自身の残り少ないマスクを分けた人もいる。医師や看護師、スタッフも不安と闘いながら踏ん張っている。皆さんの支援が本当にありがたい」と話した。

 南部医療センターは、コロナ患者に対応する看護師を確保するため、それまで4階東病棟に入院していた患者を転院してもらうなどし、感染症対応を強化している。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス