社会

シーサーも「かりゆしマスク」 大きな鼻は隠しきれず?

手作りマスクをつけたシーサー=28日午後、那覇市の国際通り

 那覇市の国際通りの県庁側入口にあるシーサーにも28日までに、布マスクが着用された。近所でかりゆしウエアなどを販売、製造する「沖縄琉装苑」の石川真理さんが取り付け、新型コロナウイルスの感染予防を訴えた。「わかりやすい場所で注意喚起になれば」との思いで用意したという。

 マスクは沖縄の染織物を使い、店で製造、販売している布マスク。マスク姿のシーサーを目にした通行人たちは立ち止まり、スマホで撮影していた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス