社会

大雨一転、真夏の青空 27日は竹富33.6度、那覇31.1度

大雨でできた水たまりが残る中、公園内を散歩する家族連れ=27日午前、沖縄市の県総合運動公園

 沖縄本島地方と先島諸島は27日、太平洋高気圧のへりを回り込む湿った空気の影響で曇り、明け方まで局地的に大雨が降った。日中は青空も広がり、各地で真夏日を記録するなど気温が上昇した。

 竹富町波照間で最高33・6度、那覇市で31・1度を記録するなど県内22観測地点で真夏日になった。沖縄市の県総合運動公園内では、雨の水たまりが残る園内を家族連れが額の汗を拭いながら散歩していた。

 沖縄気象台によると、沖縄地方は向こう1週間、高気圧に覆われて晴れる見込み。期間中頃は湿った空気の影響で曇りの日が多い。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス