社会

見えた!真夏の夜空に光の矢 天の川と「競演」 沖縄でもペルセウス座流星群

 夏の夜空の風物詩「ペルセウス座流星群」が12日深夜から13日未明にかけて出現のピークを迎え、沖縄県内各地でも尾を引いて夜空を走る流れ星が観測された。

 街明かりの影響のない東村の山中では、好天にも恵まれ、白くぼんやりと帯状につながった「天の川」付近を何度も星が流れた。12日午後10時ごろから13日午前1時ごろまでに肉眼で十数個の流れ星が確認された。

 那覇市のカメラマン中嶋環さん(48)は、12日午後10時半ごろ八重瀬町の具志頭浜で、天の川の中心を北から南へ貫くような流れ星をとらえた。

 中嶋さんは「2台のカメラで同時に撮影していて、この流れ星をとらえたときは思わず『おーっ』と声が出た」と振り返った。

 ペルセウス座流星群は14日未明まで見頃とされる。 【琉球新報電子版】


空の低い位置を流れるペルセウス座流星群の流星=13日午前0時23分、東村慶佐次(ジャン松元撮影)

天の川(左)付近を流れるペルセウス座流星群の流星=12日午後11時20分、東村慶佐次(ジャン松元撮影)

天の川を貫くように現れた「ペルセウス座流星群」の流れ星(中嶋環さん撮影)=12日午後10時半ごろ、八重瀬町の具志頭浜

魚眼レンズでとらえた天の川と流れ星(中嶋環さん撮影)=12日午後10時半ごろ、八重瀬町の具志頭浜


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス