地域

黄色やピンクが街を彩る 秋晴れにタイワンモクゲンジ咲く

秋の陽光に映えるタイワンモクゲンジの黄色の花とピンクの実=5日午前、那覇市おもろまちの新都心公園(又吉康秀撮影)

 沖縄県那覇市おもろまちの新都心公園に植えられているタイワンモクゲンジ(ムクロジ科)が、樹上に黄色の花をかれんに咲かせている。

 青空が広がった5日午前、陽光に照らされた小さな花にミツバチが集まり、時折吹く風に花びらがひらひらと舞い落ちる様子が見られた。

 タイワンモクゲンジは1980年代に台湾から緑化植物として導入した。県内各地で街路樹や公園に植えられている。花が咲き終わるとピンク色のホオズキ状の実を付け、秋の風景として街に彩りを添える。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス