地域

交通事故ゼロ願い「書」で呼び掛け 高校生が与那原署に寄贈

 【与那原】交通事故から尊い命を守ろうと、沖縄県立知念高校1年の知念和(のどか)さんが9月29日、「事故」「0」「ゼロ」と毛筆で書いた4枚のポスターを与那原署(島尻哲也署長)に寄贈し喜ばれた。


知念和さん(中央)と書道部担当の新城円香教諭(左)、与那原署交通課の渡慶次豊さん(右)=9月29日、与那原町の知念高校

 知念さんは幼少の頃、兄たちが書道を習っているのを見て左利きの自分も右手で書いてみようと始め、高校でも書道部に入り新城円香担当教諭の指導を受けている。書道を通して交通事故防止を呼び掛けようと、新城教諭と相談して取り組んだ。

 「0」の文字は赤色で目立つように工夫して書き上げられた。ポスターは、9月29日に知念高校書道室で与那原署交通課の渡慶次豊さんに贈呈された。
 (知花幸栄通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス