社会

秋風にふんわり 沖縄県内各地でススキそよぐ

秋風にそよぐススキの穂=9日午後6時ごろ、那覇市首里平良町(新里圭蔵撮影)

 沖縄地方は9日、ひんやりした風が吹き、肌寒さを感じる一日となった。本島各地の最高気温は例年より1~3度ほど低く、11月中旬から12月上旬並みの気温となった。

 県内各地ではススキが広がり、秋風に白い穂を揺らしている。那覇市首里平良町の沿道では夕暮れ時、ススキの綿毛が自動車の明かりに波打って輝き、家路を急ぐ人たちを優しく見送っているように見えた。

 沖縄気象台によると、向こう一週間は寒気や気圧の谷の影響で曇りや雨が降る見込み。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス