社会

【写真・動画】50年前の沖縄の怒りを再現 「コザ暴動企画」で車両転覆パフォーマンス

 コザ騒動から20日で50年を迎えるのを前に、12日、琉球新報社1階広場あじま~るで、「コザ暴動再現企画」として、軍警察のパトカーを模した廃自動車をひっくり返すアートパフォーマンスを実施した。当時コザ騒動に参加した根保清次さん(71)は「日頃から米軍許さんと思っていた気持ちがあの時、みんな爆発した」と当時を振り返った。

 当時の様子を撮影した写真展「コザ暴動」那覇展(主催・コザ暴動プロジェクト、沖縄アジア国際平和芸術祭実行委員会、すでぃる)も那覇市泉崎の琉球新報社2階ギャラリーで開催している。貴重な瞬間を記録した写真約60点が展示されている。写真展は13日まで。


軍警察パトカーを模した廃自動車をひっくり返す民衆役のメンバーら=12日正午すぎ、那覇市泉崎の琉球新報社1階広場あじまーる

車両をひっくり返して叫びながら乗り上げる民衆役のメンバーら=12日正午すぎ、那覇市泉崎の琉球新報社1階広場あじまーる

ひっくり返した車両を次々と蹴りつける民衆役のメンバーら=12日正午すぎ、那覇市泉崎の琉球新報社1階広場あじまーる

当時を知る沖縄市出身の歌手の喜納昌吉さんも駆けつけ代表歌「花」などを披露した=12日正午すぎ、那覇市泉崎の琉球新報社1階広場あじまーる


「コザ暴動再現企画」で披露された車両転覆パフォーマンス

【関連記事】米軍の最高責任者「コザ騒動」現場に来ていた 元第一等特技官が初証言 事件後の対策に影響か

【関連記事】コザ騒動で高等弁務官を現場へ 主和津さん、住民の怒り目の当たりに「つらかった」


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス