地域

おばけきゅうり!ゴーヤーじゃないよ おまじないが効きました 糸満南こども園

30センチ物差しと並ぶ「おばけきゅうり」=1日、糸満市潮崎の糸満南こども園

 【糸満】糸満南こども園(新垣ひとみ園長)では、長さ30センチ以上、太さ5センチ以上の「おばけきゅうり」がたわわに実った。1日、ゆうな組の4~5歳の園児23人が2回目の収穫をした。きゅうりは大きく、ごつごつしていることから、園児たちが「おばけきゅうり」と名付けた。見た目はゴーヤーに似ているが、香りや味はきゅうりという。初めて収穫した時にはスティックにして、園児たちの要望で塩やマヨネーズ、チョコレートにつけて試食した。

 きゅうりは、5月の大型連休前に苗を植えた。毎日「おいしくな~れ、おおきくな~れ」と、園児たちが、おまじないをかけながら水やりをした。野菜を育てるようになってからは、給食で苦手な野菜に挑戦する子も増えたという。保育士の長島槙乃さん(28)は「休んでいる子の水やりも自主的にやっていた」と話し、園児たちの成長を喜んだ。


大きくて重たい「おばけきゅうり」を収穫したゆうな組の子どもたち=1日、糸満市潮崎の糸満南こども園(画像の一部を加工しています)


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス