国際
世界のウチナーンチュ大会/The 7th Worldwide Uchinanchu Festival

【写真特集】こんなところにOKINAWAが!世界の中の沖縄をまとめました

 沖縄そば、石敢當、エイサー、なぜか商品名に「OKINAWA」?南米から集まった写真の中に見つけた「生活の中の沖縄」を写真で紹介します。

>>【特集】第7回世界のウチナーンチュ大会を知ろう!

 

■ボリビアで発見!


ウチナー UCHINA 味噌や豆腐、サーターアンダギーなど日本食がある商店

ボリビアオキナワ移住地で県系人が栽培する大豆で加工されたパスタ

日ボ学校 午前中はスペイン語、午後は日本語で授業のほかに、三線の授業などもあります

オキナワ第一日ボ学校での三線の授業。先生は比嘉敬光さん(那覇市首里出身、1世)

オキナワ第一日ボ学校の運動会でエイサーを披露する生徒たち

 

■アルゼンチンで発見!


レストランのポスターから伝わるウチナー感

 

■ブラジルで発見!


カンポグランデにある沖縄そばのモニュメント。後ろに見える建物は沖縄そばの屋台が並ぶソバリヤ

ブラジルのマト・グロッソ・ド・スルのレストランにある牛肉沖縄そば

 

■ペルーで発見!


沖縄県での研修や留学経験のある若者らが実施したイベントで行われた石敢當ゲーム。マジムン役が石敢當役に捕まらずにゴールを目指す。市町村対抗で楽しみながら沖縄文化を学んだ(ペルー沖縄県人会キムタカ会提供)

沖縄本島の形に集まった人たち=ペルー

 

■そのほか


ある食堂のスペイン語のメニュー表。よく読むとうどん、ラーメンに、中味汁?

【関連記事】

▼世界のウチナーンチュの歩みを分かりやすく解説!

▼世界の親戚を見つけてみよう! 沖縄県系移民データベース、3カ月で8000人利用

▼ハワイのレストラン「Zippy's」も沖縄県系2世の兄弟が創業

▼米ハワイ州のイゲ知事、ウチナーンチュ大会に合わせ来沖へ 県系3世




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス