スポーツ

名門・早大ラグビー部に異彩 ルーキー・宮里(名護商工高出)

真剣な表情で練習に臨む早大ラグビー蹴球部の宮里侑樹=2015年12月、東京都の早大上井草グラウンド

 名門の早稲田大学ラグビー蹴球部で異色の経歴を持つ1年生ルーキーが躍動している。名護市出身の宮里侑樹(名護商工高出)が本格的にラグビーを始めたのは高校時代から。中学まではバスケットボールや駅伝をやっていて、「ラグビーのルールすらよく分からなかった」と笑う。それでも抜群の体力と攻撃力で先発メンバーの座を射止めており、「目指すのは日本一」と宣言する。

 父の直樹さんがラグビー経験者で、小学生のころに競技に触れたことはあった。「いつかは自分もラグビーをやるんだろうな」と感じたが、中学校では「体力づくりのため」とバスケ部に入った。駅伝部にも参加しており、3年生の時には主将も務めた。「高校で駅伝をやろうか」と迷いがあったものの、「ラグビーをやりたいと思う気持ちが強かった」。
 高校時代はメンバー15人がそろわない時期がほとんどで、合同チームで大会に出場しても結果は残せなかった。「花園に出場する選手とは次元が違う」と感じていたが、「体力に自信があったので誰よりも動けた」と自らの強みを見つけていた。
 高校3年のころ、早大ラグビー蹴球部の沖縄キャラバンに参加した際に高い能力が評価され、名門大への進学が決まった。大学ではハイレベルな練習について行けずに、「初めてラグビーを楽しいと思えなかった」と明かす。プレッシャーから体調を崩すこともあったが、「先輩からいろんなことを教わりながら少しずつ成長できた」。イギリス遠征の参加メンバーにも抜てきされ、昨年9月の関東大学対抗戦・立大戦では3トライを決めた。「ボールをもらうのがすごく好き。怖さが消えている」と心から競技を楽しんでいる。
 バスケや駅伝で鍛えた体力と走力が最大の武器で、「オフェンスは得意です」と胸を張る。一方で守備を課題に挙げて、「もっとスキルを磨きたい」と決意を述べる。大学での目標はライバルの帝京大を破って頂点に立つこと。「まだまだ先は長い。一年一年を頑張りたい」。早大の将来を担うルーキーは、希望に満ちた瞳を輝かせた。(平安太一)