出演者も観客も心一つにカチャーシー 宜野湾で飛衣羽衣大会


この記事を書いた人 Avatar photo 大城 誠二
フィナーレの総踊りでカチャーシーを舞う出場者や観客ら=1日午後8時半ごろ、宜野湾海浜公園(又吉康秀撮影)

 【宜野湾】「第29回飛衣羽衣(とびんすはにんす)カチャーシー大会」(主催・宜野湾はごろも祭り実行委員会、共催・琉球新報社)が1日、宜野湾海浜公園多目的広場で開かれた。出場した個人35人と25団体が個性あふれる衣装や振り付けで観客を魅了した。フィナーレでは出演者と観客が一体となって舞い、盛り上がりは最高潮に達した。オリジナル曲で踊った飛衣の部は、琉球古典や洋楽など多彩な音楽とカチャーシーを融合させた「あじくーたー’S」が2連覇した。奨励賞は「宴座家 With OBC」が獲得した。

 那覇市から訪れた金城正則さん(66)は「どの踊りも楽しく、素晴らしい。来年は自分も出たい」と笑顔で語った。その他の入賞者は次の通り。(敬称略)

 【一般の部】大賞・野嵩3区がじまるチーム▽金賞・大山/小禄ズンバ▽特別賞・Mabuhay Dance Troupe

 【子供の部】大賞・ぴっころ学童くらぶアタクーNo1▽金賞・宜野湾ベースボールキッズ

 【個人の部】大賞・金城健▽金賞・平良和彦▽熱演賞・松永勇一

英文へ→Kachaashi dance event held in Ginowan