社会

沖縄、梅雨入り 本部町のアジサイ園しっとり

梅雨入りした沖縄地方。しっとりとぬれるアジサイの花=16日、本部町のよへなあじさい園(大城直也撮影)

 沖縄気象台は16日午前、沖縄地方が梅雨入りしたとみられる、と発表した。14日の奄美地方に続き全国2番目。平年より7日遅く、昨年より16日早い。向こう1週間は低気圧や前線の影響で曇りや雨の日が多くなる見込み。16日の県内は前線の影響で曇り空が広がり、ところによっては雨となった。本島地方と先島地方は、17日にかけて落雷や急な強い雨が降る可能性がある。

 気象台が今月9日に発表した1カ月予報によると、6月10日までの降水量は平年並みか平年より多い。平年の梅雨明けは6月23日ごろとなっている。

 本部町伊豆味の「よへなあじさい園」では、1万株のアジサイが見頃を迎えつつある。園は「あじさいばあちゃん」と親しまれ、2018年4月に亡くなった饒平名ウトさん(享年100歳)が01年に開園。現在は子や孫が運営している。

 開花のピークは25日~6月10日ごろ。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス