地域

大満月下、輝く命 オカガニが放卵

スーパームーンが照らす中、放卵のため砂浜を目指すオカガニ=23日夜、宮古島市平良の池間島

 【宮古島】宮古島市の池間島で23日夜、オカガニが内陸から海岸に移動し放卵する姿が見られた。満月が通常よりも大きく、明るく見える「スーパームーン」の明かりが照らす中、砂浜に現れたオカガニたちは、押し寄せる波の引き際に合わせて体を懸命に揺らし、腹に抱えた卵を海に放った。

 23日は日暮れごろから池間島内の一周道路を渡るオカガニが見え始めた。命懸けで車道を横断したオカガニたちは大挙して砂浜に集まり、次々と放卵。放卵を終えると再び陸に戻っていった。
 観察に来た知念輝音(かおん)君(北小2年)は「卵を産む途中で波に流され、ひっくり返るカニもいた。頑張って生んでいたので元気に育ってほしい」と話した。
英文へ→Crabs spawn under full moon



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス