芸能・文化

王朝時代に思いはせ 国際通りで「絵巻行列」

国王と王妃を御轎椅(ウチューイ)に乗せ、通りを練り歩く「琉球王朝絵巻行列」=27日、那覇市の国際通り

 首里城祭(主催・同実行委員会、共催・琉球新報社、首里振興会)3日目の27日、那覇市の国際通りで「琉球王朝絵巻行列」が行われた。

国王、王妃をはじめ冊封使らの行列に総勢約千人が参加し、琉球王朝時代の華やかな儀式を再現した。
 沿道には約3万800人(主催者発表)の人々が訪れ、エイサーや琉舞、旗頭などの多彩な伝統芸能を楽しんだ。
 エイサーの演舞を間近で見た依田光子さん(64)=愛知県=は「首里城祭に合わせて沖縄に来た。迫力のあるエイサーが大好きなので、目の前で見ることができてうれしい」と笑顔で話した。
 大城拓さん(28)=那覇市=は「県内在住だが、伝統芸能を見る機会は少ないので、新鮮に感じた」と語った。
英文へ→Ryukyu Dynasty procession unfolds