おいし過ぎる沖縄そば、コーレーグースをかけると最強!「アキナ」

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


3月に予定していた公演を延期。新型コロナウイルス感染防止のための緊急事態宣言解除後の7月末に、来沖がかなった人気お笑いコンビ「アキナ」。よしもと沖縄花月の舞台でネタを披露したのはもちろん、沖縄の若手芸人と共演し、大好きな芸人仲間とライブを開催するなどフル稼働の1日を過ごしました。
コントも漫才も評価されている「アキナ」は、賞レースではファイナリストとなり何度も決勝戦に進出している実力派。そんな2人の沖縄の思い出や印象は!? いろいろと聞いてきました。

※この取材は7月26日に行いました。
聞き手:饒波貴子(フリーライター)



コンビ名「アキナ」は、秋山賢太(あきやま・けんた)さん(右)と山名文和(やまな・ふみかず)さんの名字を組み合わせてネーミング。よしもとの養成所・NSC大阪校の出身で、秋山さんが一期先輩だそうです。

ステイホーム中は写経に挑戦



―沖縄に来るのは久しぶりですね。来た感想を教えてください。

秋山:一年半ぶりくらいですが、やっぱり楽しい。僕ら沖縄に来ると浮かれちゃうんですよ。

山名:沖縄の後輩芸人とライブで一緒になりましたが、みんなパワーありますね!

秋山:みんな、大阪にはなかなかいてないタイプの子らばかり。絡んでいてとても楽しいです。

―ステイホーム中はどのように過ごしていましたか?

秋山:教えてもらったオススメのドラマを見たり、絵を描いたりしていました。そして家で有酸素運動をやったりして・・・そうやって過ごしていたら、一日があっという間に終わる感じでした。

山名:僕は習字して、本読んで、映画を見たり。そして「般若心境」の写経をしていたんですよ。前からちょいちょい書いていましたが、全部を書くのは結構時間がかかるんですよね。だから頭の中で覚えた方が早いって思い、ウォーキングしながらエンドレスリピートで「般若心境」を聞いていました。でももう聞きません。30分聞き続けた時に、「これは絶対せえへん方がいいな。おかしくなりそう」と思いました。

―YouTubeで「アキナのアキナいチャンネル」をスタートしましたね。見始めたら、どんどん続きが気になり見ちゃいます。

秋山:ほんまですか! 4月1日から始めました。

山名:急に見たら大変でしょ。ずっと続いていきますからね。

秋山:YouTubeっぽくない内容ですよね。このチャンネルで配信するために旅に出て、一日遊んでいます。コロナウイルスの感染が広がる前から、計画して始めました。

山名:シンプルに、行きたいところを選んで行くだけです。

―旅の第一弾「香川県のウユニ塩湖に向かうゆるゆる旅」から見ましたが、「ところてんが、ものすごくおいしそう!」というのが最初の感想です(笑)。沖縄ではあまり食べる機会がない気がします。

秋山:めっちゃうまかった! 「清水屋(きよみずや)」さんという歴史あるお店で、全国からお取り寄せもできる人気店です。沖縄の方もぜひお取り寄せしてほしいです。絶対おいしいですから!

山名:値段も安くて気軽においしくいただけました。

秋山:そのYouTubeチャンネルで、いつか沖縄にも来たいな〜って思っていますよ。

アキナのアキナいチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC3eIbNXyEDPjLriza8fbIJA

うどんに合わないコーレーグース



―沖縄で行きたいところはどこですか?

山名:いっぱいある! 国際通りを歩くだけでも僕は楽しいですよ。結構前に旅行で来ましたが、もう一回行きたいなって思います。沖縄らしい風景が残る地域など、田舎の方も行ってみたいです。

秋山:仕事で来ると、「よしもと沖縄花月」の周辺しかウロウロしていないんですよ。時間も限られていて、あんまり遠出ができない。だから飲んだ後の締めで、ステーキを食べるのが楽しみです。朝まで開いている有名なステーキ屋さん、夜中に3回くらい行きました。締めにお肉食べるのって、たまらん文化やなって思っています。大阪でももちろん食べられるし、飲んで最後に食べたくなるんですけど、我慢したりするんですよ。でも沖縄に来たら「今日はいいやろう」って思っちゃうんですよね。そんな気持ちになるのは唯一沖縄だけで、開放的な気分になって浮かれているんでしょうね。他のところではもう飲んでもなかなか、締めに行こうってならないです。

山名:ひょっとしたら僕は、沖縄でステーキを食べたことがないかもしれない。僕がめっちゃ好きなのは沖縄そば。沖縄に来たら、絶対に食べます。あのうまさ、何なんやろう!? うま過ぎます! 沖縄そばにかける島唐辛子(コーレーグース)も、本当にうまいですね。「うどんにかけてもうまいんかな?」って思ってかけて食べたら・・・やっぱり違う。合わなかったです(笑)。

秋山:沖縄そばは、おだしが絶妙なんやろね。大阪のだしとは全然違う。

山名:ちゃいますわ! 島唐辛子の味に合うおだしなんだろうなって思いました。

秋山:お土産で買いがちなんですけど、結局家では使わないんですよね。

山名:あとはエンダー(A&W)も好きで行きます。前に沖縄花月が国際通りにあった時、モズクがおいしい店に行きました。モズクのかき揚げ、つゆにつけるつけモズク。そこでしか食べたことがないけれど、また食べたいな〜。

秋山:ざるモズクという感じでうまかった。僕は海ぶどうが好きで、よく買って帰ってますね。空港とかで買ってお家で食べています。

山名:なんでも食べるので沖縄の食べ物、もっといろいろ食べたいです。



―では沖縄の感想は、行きたいところも食べたいものもいっぱいあるけれど・・・。

秋山:いつも時間がない! 日帰りが多いですしね。

山名:もちろん海にも行きたい。

秋山:僕は沖縄の海に行ったことがない。仕事だとなかなか機会がありません。もっとゆっくりしたいんですけどね。

山名:仕事で来ても、ちょっと沖縄の空気感を味わうくらいで遊ぶ時間はないですからね。基本は日帰りパターンですよ。

秋山:空港で飲むオリオンビールがめっちゃうまい! 帰りの飛行機に乗る前に絶対に飲むので、1分でも早く空港に着きたいんです。カップ入りのオリオンの生ビール、ゆっくり飲みながらピーナツとおかきのおつまみを食べる。今の僕はそれで満足です。

山名:僕も空港で飲んでいます。

旅番組もライブもアキナ流



―沖縄ムードを味わうせめてもの楽しみという感じですが、状況が落ち着いてゆっくり滞在できるようになったらもっと楽しんでいただきたいです。コンビとして力を入れていることは何ですか?

秋山:新しく始めたのは、やっぱりYouTubeチャンネルですね。週三回更新していますが、編集している方に任せっきりなので感謝しています。

山名:僕たちはそれぞれが行きたいところを回っているので、好きなことをやっていますからね。

秋山:ここにしようかな〜とお互い希望を出し合って、その時に行けるところに出発します。

―有名観光地だけではなく、あまり見ない地域を紹介していて面白いです。

秋山:そうなんですよ。穴場的なところに行っています。

山名:旅行本を出せたらなと思っていて、海外にも行きたいんですよね。個人的にはブータンに行きたい。「幸せですか?」って聞いたら、国民の9割の方が「はい」と答える世界で一番幸せの純度が高い国。行ってみたい!

秋山:ブータンいいですね。行ったことない国に行ってみたいです。

山名:チャンネル登録者数はジリジリ上がっている感じで、ど〜んと増えたりはしませんね。

秋山:止まってはないので、それでいいかな。どんと上がって先に行ききっちゃうと飽きられるかもしれないので、ゆっくりペースでいいです。



―本拠地の大阪ではテレビのレギュラー番組が多いですが、活動のメインはテレビですか?

秋山:テレビと劇場出演、半々くらいです。大阪では劇場ライブが8月からやっと少しずつできるようになってきましたが、まだ人数制限付きです。

山名:やっぱりライブが楽しいですよね。

秋山:配信のみでやっていた時期がありましたが、反応がない。お客さんの笑った声が返って来ると、いいなって思いますよね。これからも大阪を中心にしたライブ、積極的にやっていけたらいいなと思っています。

―今回(7月26日)は「アキナの大好き芸人集合in沖縄」を開催しましたが、恒例のライブなのですか?

秋山:3月の開催予定が延期になって、やっとできました。沖縄でやらせてもらうのは初めてでしたが大阪や東京、他いろいろなところでやっているライブです。僕ら2人とおいでやす小田さん、守谷日和の4人でやっています。

山名:このメンバーなんです、絶対に!

秋山:おいでやすさんは面白いのは当たり前ですが、人として好き。優しくて思いやりあふれる方です。自分のことのように喜んでくれたり、一緒に悔しがってくれるので、つい甘えて友達感覚になってしまっています。ちょっと失礼なことをしたこともありますが、笑って許してくれるんですよね。この5年くらいで特に仲良くなりました。守谷くんは相方の山名くんと同期で、僕は一期先輩。なんかほっとけなくて面倒を見な、っていう感じですね(笑)。心配やな〜っていう気持ちで、弟みたいで大好きです。守谷くんも面白い人ですよ。



―「アキナの大好き芸人集合」はじめ出演ライブはオンラインチケットを購入すれば、沖縄の自宅でも見て楽しむことができますね。プライベートでは山名さんは書道、秋山さんは絵を描くのが趣味なんですね。

山名:去年の1月くらいに「書道しよう」って急に思って始めました。そこから先生を見つけて、月1回程度習っていますが、最近はコロナの影響で行けていないんです。だから家で一人で書いています。それまで一回もやりたいと思ったことなかったし、字はめっちゃ下手でした。でも書き始めて上手くなったと思いますし、これからも続けます。

秋山:子どもの時からずっと絵を描いています。描こうと思って描いたことはないというか、気付いたら描いている感覚。何を描くのかも決めず、落書きしながら、その時に思いついたものを描いています。コロナの影響によるステイホーム期間中、数えたら200点くらい描いていましたよ。だから2回くらい個展が開催できる。去年やらせてもらった個展では、90作品展示しましたからね。

―コンビで書道とイラスト展示会も開催できますね! 最後に抱負をお願いします。

秋山:趣味が将来的に何かにつながればいいなとは思っています。賞レースの優勝が目標なので、勝ち抜いて行きたいです!

山名:沖縄からも応援お願いします。



「ハイサイ気分」
ようこそ沖縄へ! 本土から来沖する有名人を歓迎する、連載インタビュー。近況や楽しいエピソード、沖縄への思いなどを語っていただきます。




【アキナ プロフィール】


結成:2012年10月

☆山名 文和(やまな・ふみかず)/左
性別:男性
生年月日:1980年7月3日
身長/体重:171cm/60kg
血液型:A型
出身地:滋賀県 
趣味:読書・墓参りが上手・少林寺拳法・映画鑑賞・書道
特技:バスケットボール
出身:NSC大阪校 26期生
Twitter @sausageyamana

☆秋山 賢太(あきやま・けんた)/右
性別:男性
生年月日:1983年6月24日
身長/体重:170cm/61kg
血液型:A型
出身地:兵庫県
趣味:絵を描く
特技:サッカー
出身:NSC大阪校 25期生
Twitter @sausageakiyama





◆インフォメーション◆

【よしもと沖縄花月】
「アキナ」ほか東京や大阪で活躍する芸人、そして沖縄所属の芸人も舞台に立つ『よしもと沖縄花月』! 公演開催や有料配信の詳しいスケジュールは、HPをご確認ください。
 http://www.yoshimoto.co.jp/okinawakagetsu/

▼オンラインチケットよしもと 
【HP】https://online-ticket.yoshimoto.co.jp/
 ※チケットは各公演開演30分後まで購入可能/各公演24時間以内は見逃し視聴も可能

【住所】那覇市前島3-25-5 とまりんアネックスビル2階 (マップはこちら
【電話】098-943-6244



饒波貴子(のは・たかこ)
那覇市出身・在住のフリーライター。学校卒業後OL生活を続けていたが2005年、子どものころから親しんでいた中華芸能関連の記事執筆の依頼を機に、ライターに転身。週刊レキオ編集室勤務などを経て、現在はエンタメ専門ライターを目指し修行中。ライブで見るお笑い・演劇・音楽の楽しさを、多くの人に紹介したい。


WSJ特設サイト

前の記事悪魔と契約した歌手の末路は…人生...
次の記事9月1日は防災の日。自然災害を“...