『愛の不時着』カップル誕生で知りたい“ドラマ結婚”成功率は?

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加
入籍会見に臨んだ松嶋と反町。「私にむかってストレートにきてくれるところに、撃たれました」と松嶋

「作品内で恋愛関係にある役柄を演じた“劇中カップル”が実際に交際に至ったという報道が、昨年相次ぎました。3度目の共演となる映画『糸』(’20年)の撮影中に交際がスタートしたといわれる、菅田将暉さん(27)と小松菜奈さん(24)、日本でも大人気となった韓流ドラマ『愛の不時着』(’19年)のヒョンビンさん(38)とソン・イェジンさん(39)です」

“劇中カップル”の熱愛報道に注目するのは、All About 恋愛ガイドの石田陽子さんだ。たしかに恋愛感情を抱く役柄を演じた俳優同士が引かれ合い、結婚に至ったケースは多い。

「撮影中はもちろん、PRの場でも顔を合わせる機会が増えます。一緒にいる時間が長くなるほど、異性として意識する確率が高くなることを心理学用語で『単純接触効果』といいます」

相性のよさが周囲にも伝わり、「付き合っているの?」と聞かれたりすることで、お互いが意識し始めることも多いという。

「『愛の不時着』カップルも、’18年の映画『ザ・ネゴシエーション』で初共演し、その後すぐに熱愛説が浮上しました。海外のスーパーマーケットで買い物をしている2人の写真が投稿されたり、メイキング映像などを見たファンのあいだでは“現実でも恋人関係であるに違いない”と噂になっていました。そうしたファンの盛り上がりに、後押しされたのかもしれません」

恋人同士を演じたカップルがどのように結婚に至ったのか? 石田さん、芸能レポーターの菊池真由子さんにその恋愛模様を聞いた。

まず、記憶に新しいビッグカップルといえば、山本美月(29)と瀬戸康史(32)だ。

「『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(’16年)で初共演。モデルとしては’14年のファッション誌で、恋人同士という設定で共演しています」(石田さん)

“友人関係”の長かった2人だが、’19年の『パーフェクトワールド』での共演をきっかけに交際に発展、翌年に結婚した。

「2人とも絵が好きという共通点があって、以前、カフェデートを撮られたときも、ボックス席に対面で座って、2時間ほど、タブレットでお互いお絵かきに没頭していましたね」(菊池さん)

芸能マスコミにもまったく気づかれなかったカップルが、戸田恵梨香(32)と松坂桃李(32)だ。

「“ノーマーク婚”といわれていました。戸田さんは恋愛に関して堂々としており、数々の浮名が報じられてきましたが、なぜか松坂さんとの交際は、まったく情報が漏れなかったんですね。2人の共通点は、お互い20分や30分無言でいても、平気なことだそうです」(菊池さん)

『Nのために』(’14年)で共演し、交際わずか1年で結婚したのは、榮倉奈々(32)と賀来賢人(31)。

「共演者・スタッフ同士仲がよく、飲み会をすることも多かったようで、それがきっかけとなって交際がスタート。緊急のときに居場所を伝え合うアプリの登録が、家族でないとできなかったため、賀来さんがプロポーズしたそうです。イクメンパパで、夫婦のラブラブぶりも話題です」(菊池さん)

『GTO』(’98年)で共演した松嶋菜々子(47)と反町隆史(47)、『ハングリー!』(’12年)で共演した国仲涼子(41)と向井理(39)も順調な結婚生活が伝えられている。

「松嶋さん夫婦は、反町さんがドラマに出ているときは、松嶋さんが仕事をセーブするなど、子育てを上手に分担。向井さんはオフになると全ての家事をやるそう。国仲さんは『バタバタする毎日だけど、幸せいっぱい』と夫婦生活を語っています。連続ドラマの撮影現場では、共演者の待ち時間の態度、カメラが回っていないところでのスタッフとの接し方、台本を読み込んでいたりする仕事の姿勢など、人間性が垣間見えるそうです」(菊池さん)

たしかに映画『大奥』(’12年)で共演した菅野美穂(43)と堺雅人(47)のケースでも。

「菅野さんは結婚後、堺さんに対して『彼は真面目で、仕事に対する姿勢は素敵。そんな彼が私を選んでくれたことに幸せを感じる』と発言をされています」(菊池さん)

演者としての尊敬が、恋愛感情に変わるということか。それは舞台でも例外ではない。

「1週間の公演であっても、稽古も含めれば2~3カ月もの間、顔を合わすため、恋に落ちる確率が高い現場といえます」(菊池さん)

そんなカップルの代表格といっていいのが、『ハムレット』(’01年)で共演した篠原涼子(47)と市村正親(72)、『嵐が丘』(’15年)で共演した堀北真希(32)と山本耕史(44)だろう。

「堀北さんファンだった山本さんは6年もかけて、アプローチしていました。そして3度目の共演の『嵐が丘』のとき、山本さんから40通の手紙を送られ、ついに堀北さんの気持ちが動いたそうです。毎日、キスシーンのある役を舞台で演じたことで、山本さんと恋愛関係になること、その先にある夫婦になることを想像しやすかったのかもしれません」(石田さん)

「女性自身」2021年2月23日号 掲載



【関連記事】

【後編】東出×杏、陣内×紀香も…劇中カップル婚14組中5組が離婚

愛の不時着カップルが交際認めた!目撃されていた“甘い関係”

ヒョンビン 彼女と同じ香水を…交際直後にあった“におわせ”



WSJ特設サイト

前の記事看板メニューは架空の民族料理!?...
次の記事怒っちゃダメなの?迷ったわが家の...