【動画】海のタケノコ 〜砂にもぐる巻貝たち〜 <沖縄・海の生き物たち Vol. 45>

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加


貝殻に穴を開けてしまう肉食の貝も☆



海辺の浅い砂地やタイドプールの砂だまりは、パッと見ただけでは生きものが見えません。でも、こうした場所には、砂の中に隠れている生きものたちの世界があります。

砂の中にいるのは、二枚貝のほか、ゴカイやギボシムシといったミミズ状の生きもの。砂の中に逆立ちする形で潜ったり、U字型の巣穴を掘ったりして、砂に混ざる有機物を砂ごと食べます。栄養にならない砂は、お尻から砂地の上にしぼり出されて、小さな砂山を作ります。そして、こんな生きものがいる砂地には、それらを食べる肉食の生きものもやってきます。その代表が、タマガイやタケノコガイの仲間です。

二枚貝を専門に食べるのは、ツメタガイやリスガイといった、丸っこいタマガイの仲間。小さな穴の空いた二枚貝の殻を見つけたら、それはタマガイの食べあとです。歯舌というやすり状の歯と酸を使って、二枚貝の貝殻に穴を開けて中身を食べてしまいます。

ゴカイやギボシムシを食べるのは、タケノコガイの仲間。細長くとんがった貝殻がきれいだけれど、普段は砂の中。タケノコガイの歯舌は、毒針で有名なイモガイ類と同じく、矢のような形をして、イモガイほどではないけれど毒もあるようです。その矢を相手に打ち込んで、食べてしまうらしい。これも砂の中で起こるから、なかなか見えないんですけれどもね。

タマガイやタケノコガイが歩くと、時々砂の表面に歩いた筋が残ります。その筋の先を掘ってみれば、貝が出てくるかも。今度、砂地のタケノコ掘りでもしてみようかな。
 



Vol. 45 ムシロタケ

Myurella affinis



● 目:新腹足目 Neogastropoda

● 科:タケノコガイ科 Terebridae

● 属:アデヤカギリ属 Myurella

 



動画撮影: 

ムシロタケ  2021年7月11日(浦添市 西海岸パルコ前)
リスガイ   2021年7月11日(浦添市 西海岸パルコ前)

動画撮影・編集&執筆

鹿谷法一(しかたに・のりかず しかたに自然案内)

琉球大卒、東大大学院修了、博士(農学)。広島に生まれ、海に憧れて1981年に沖縄へ。専門はカニなどの甲殻類。生き物の形とはたらきの関係に興味がある。最近は、沖縄の貝殻を削って磨くシェルクラフトを行っている。

鹿谷麻夕(しかたに・まゆ しかたに自然案内)

東洋大、琉球大卒。東大大学院中退。東京に生まれ、20代半ばでサンゴ礁に興味を持ち、1993年に沖縄へ。2003年より、しかたに自然案内として県内で海の環境教育を始める。しかたに自然案内代表。手作りぬいぐるみで海を伝える、あーまんシアターも主宰。

 


これも読みたい!

 

◆【動画】沖縄の砂浜にいるカワイイやつ~二枚貝のもぐり方&食べ方知ってる?〈沖縄・海の生き物たちVol.5〉

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-778977.html

 

◆【動画】砂地に伸びる半透明のベロベロの正体は…タテジマユムシ<沖縄・海の生き物たちvol.15>

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-926169.html

 

◆【動画】小粒な貝のお散歩 〜マメアゲマキのなかま〜 <沖縄・海の生き物たち Vol. 43>

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1386571.html

 


WSJ特設サイト

前の記事手作りキムチが大人気の名店「やま...
次の記事つわりがひどい私が穏やかな妊婦生...