Create The Future~未来をつくる~ Ryukyufrogs 8期生レポート〈6〉 上原ありさ(興南中3年)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖縄から次世代のITビジネスリーダーを発掘し、育成するプロジェクト。それが「Ryukyufrogs(リュウキュウ・フロッグス)」です。2007年に「IT frogs」としてスタートし、2016年度は8期生9人が英語やプレゼン研修、米国シリコンバレー派遣などに挑み、新しいサービスを生み出そうと準備を進めています。12月11日の報告会「Leap Day」に向け、大海を泳ぎ始めた9人のカエル(frog)たちをご紹介します。第6回目は上原ありささん(興南中3年)です。


Computer History Museumへ行きました=2016年8月21日、米カリフォルニア州

「起業家になりたい」


―「Ryukyufrogs」に参加しようと思ったきっかけを教えてください

上原 私は中学1年生の時に、起業家だった祖父に憧れ、起業家になりたいと思いました。その夢を「ジュクタン」というフリーペーパーのインタビューに答えると、たまたま雑誌を見たRyukyufrogs7期生の先輩に「ねえ、Ryukyufrogsやらない?」と声をかけてもらいました。それがきっかけで、Ryukyufrogsのことを知りました。

 起業家が夢の私にとって、起業の聖地とも言えるシリコンバレーに行けることはとても魅力的だと感じました。そして、中学生の私でも社会を見て、何かと向き合うことができたらないいなという気持ちで応募しました。

―研修を通して、最も印象に残ったことは何ですか?

上原 スタンフォード大学で、Stanford Biodesign Advisory Facultyとして医療機器分野の起業家養成講座で教鞭をとり、日本版Biodesignの設立にも関わっておられる池野文昭さんのお話が印象に残りました。中でも「明日死ぬとしたら今日何する?」と問われました。「世の中にはいろんな可能性があり、明日100%生きれるとは言えない」という言葉に心を打たれました。

 シリコンバレーで活躍している方は、「できるかできないか」ではなく、「やるかやらないか」で人生を決めていました。いろんな可能性がある中で、私は自分の人生を「できるかできないか」ではなく、「やるかやらないか」で決めたいと思いました。

 池野さんの言葉で、私は自分の可能性を広げることができました。これからたくさん学べば、何にでもなれると思っています。今、私は、海外の難関大学を目指して勉強してます。将来は、立派な起業家になって誰かを幸せにしたいです。


迷ったらチャレンジする


スタンフォード大学で池野文昭さんの講義を受けました=2016年8月18日、米カリフォルニア州

―シリコンバレー研修を終え、自分の変化をどう感じていますか?

上原 自分の実力を決めつけずに、何事にもチャレンジできるようになりました。シリコンバレーへ行き、英語でサービスをプレゼンテーションする機会がありました。その時に、「君は英語が上手いね」「面白いアイディアだね」と言っていただきました。今まで自分の英語は使えないと思っていましたが、使えて伝わったことが何よりも嬉しかったです。英語は一つのコミュニケーション手段の一つでしかありませんが、使わなければ伝わらないと感じました。

 このような経験ができたのも、私がチャレンジしたからだと思います。今では迷ったらとりあえずチャレンジする習慣ができています。もちろん失敗することも増えましたが、チャンスの方が多くて毎日充実しています。
 


愛犬と飼い主を幸せにしたい


Googleで自分たちが考えているサービスをプレゼンしました=(2016年8月15日)

―今開発中のサービスは、社会にどんなイノベーションを起こしますか? そしてそのサービスに対する思いを教えてください。

上原  私は今、国立沖縄工業高等専門学校2年の金城拓登さんと「犬のしつけ×IT」のサービスを作っています。犬を飼う上でしつけは欠かせないものです。しかし、私たちが犬を飼っている方へアンケートを取ると、たくさんの方が「愛犬をちゃんとしつけられない」という問題を抱えていました。その問題を解決するものを私たちは考えています。

 このサービスで私たちは、日本中の飼い主が愛犬の問題行動に困らなくなるようにしたいです。また、アンケート調査で愛犬のことを「家族だと思っている」と回答していた方が多く、家族である愛犬と自由に外出できる社会を実現したいと強く思いました。そのためにも、しつけに対する日本人の意識を向上できるようなサービスにしたいです。

 難しいとは思いますが、大好きな犬のためにも実現させたいという気持ちで開発を続けていきたいです。

 

★第7回は、11月18日公開予定です

第1回 嘉数涼夏さんはこちら

第2回 仲松拓哉さんはこちら

第3回 畑中ひらりさんはこちら

第4回 平得永大さんはこちら

第5回 津覇悠野さんはこちら



 【プロフィル】

上原ありさ(うえはら・ありさ)  

 趣味は、ダンスです。

 学校では、興南アクト部という部活に所属しています。主に、他府県の修学旅行生に首里城ガイドをしています。

 現在、学校の勉強とfrogsを両立できるように頑張っています。

 帰国後は、特に英語の勉強に力を入れています。

 将来の夢は、人を幸せにする起業家になることです!
 




WSJ特設サイト

前の記事Create The Futur...
次の記事沖縄美人(1) ポジティブにしな...