スカート?ズボン?「しなくてもいい我慢もある」沖縄で広がる制服選択制に込めた願い

  • 沖縄県全体
このエントリーをはてなブックマークに追加

「制服選択制導入で保護者からのクレームなどを懸念していたが、今のところはそのようなことはない」と語る喜瀬実名子先生=那覇市松尾、那覇高校(撮影・滝畠豊美)

那覇高校で導入を提案した喜瀬実名子養護教諭に聞く

女子生徒はスカート、男子生徒はズボンという制服が、沖縄県内の高校では当たり前ではなくなってきている。性別に関係なく、スカートでもズボンでも制服が選べる「制服選択制」が広がり、4月以降は県立高校25校で導入予定だ。心と体の性が一致しない性同一性障害の人への配慮が背景にある。沖縄県内では昨年4月に導入した浦添高校に続き、今年1月から那覇高校と西原高校で運用が始まった。

那覇高校で「制服選択制」を提案した喜瀬実名子養護教諭(40)は「しなくてもいい我慢は、する必要はないと思う」と語る。

知花亜美(琉球新報社編集局記者)



きっかけは竹内清文さんの講演



沖縄県内でLGBTや人権などについて講演活動を行っている竹内清文さん=2017年11月、名護市内

那覇高校で制服選択制の議論が起こったきっかけは、県内各地でLGBT(性的少数者)や自己肯定感、人権などについて講演している竹内清文さんの講話だった。

2017年12月に那覇高校で全校生徒を対象に実施したところ」、その講話を聞いた卒業生が18年6月、竹内さんに「制服選択制を母校で導入できれば」という提案があった。講演を企画した喜瀬さんは、生徒指導部の教諭らと実現に向けて動きだした。

校内では賛否意見があったが2018年12月、最終的に学校長が「まずはやってみて、何かあればその都度対応しよう」と導入を決断した。



LGBTだけではない



「しなくてもいい我慢は、する必要はないと思う」と語る喜瀬実名子さん

喜瀬さんは「卒業生の後押しと、共感してくれる生徒指導の先生たちの力が大きかった」と語る。さらにLGBTだけでなく「足に傷がある子や、寒い日に女子生徒がズボンをはく場合もあるだろう。相談がないから、悩みはないだろうとするのは違う。言えない子の方が多い」と少数者にも目を配る。

琉球新報でも連載をしている竹内さんは、ゲイであることを公表し、県内外の小中高校で講演に招かれている。

関連記事-レインボーハート~ゲイとして自分らしく生きる
https://ryukyushimpo.jp/style/special/entry-836389.html

 

これまで開催した講演の数は100校以上。喜瀬さんは2016年、前任校の宮古総合実業高校で、同じ養護教諭仲間と共に、県内で初めて竹内さんの講演会を企画した。それが他校にも広がった。2018年4月から制服選択制を導入している浦添高校もその一つだった。

那覇高の制服は現在セーラー服と学ランだが、喜瀬さんは、いずれはより選択しやすいように、ブレザーへの変更を目指している。

 

 

これも読みたい!

◇医師の働き方を変える! 女性医師が7割、琉球大学医学部付属病院・産婦人科の挑戦

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-885925.html

 

◇「嫌だと思ったことは口にしていい」性被害とパンプス強制を経験して気づいたこと

https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-886700.html

 

◇女性経営者が夫婦別姓を望むリアルで切実な理由とは
https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-887198.html

 

◇県内初の議員産休「固定観念」を取っ払うには
http://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-887615.html

 

◇初めて聞く「女子会」に戸惑いも 国境を越えた先で感じた「壁」
http://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-888172.html

 

◇小学校の先生70%が女性なのに、管理職はわずが22% 2018年度沖縄県内 中学・高校はさらに低く

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-885652.html



3月8日は国連が定める「国際女性デー」。女性への差別撤廃と地位向上を考える日です。 沖縄でも、過去の常識や環境にとらわれず、しなやかに働き、伸びやかに生きる女性たちが大勢います。 性別にとらわれず多様な生き方をしている素敵な女性たちをご紹介します。





前の記事漫画・ハマとんど~「牛の強行突破...
次の記事【幸せになるために生きる】DJリ...