芸能・文化

辺野古土器は文化財 発見場所も遺跡認定へ

 県教育委員会は27日午後、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ内の沿岸で発見された土器や石器などを文化財として認定した。認定されたのは、2千年~800年前の土器やすり石など全17点。発見場所は米軍普天間飛行場移設に伴う、名護市辺野古への新基地建設の埋め立て予定地となっており、今後の工事に影響しそうだ。名護市教育委員会は今後、発見場所の遺跡認定に向けて、県教委と協議を進めていく方針だ。【琉球新報電子版】



琉球新報