政治

辺野古撤回を再表明 翁長知事、訴訟も検討

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、翁長雄志知事は12日、「撤回に向けて一つ一つ弁護団とも相談しながらやっていく」と述べ、埋め立て承認撤回の方針をあらためて示した。出張先の中国から帰任後、那覇空港で記者団の質問に答えた。

 政府は今月中にも辺野古での護岸工事に着手する見通し。翁長知事は「本当に荒々しい工事の進め方だ。県民の民意と関係なく物事が進んでいることは絶対に許されない」と工事を強行する政府を批判。「(工事の)差し止め訴訟も念頭に置きながら弁護団と意見交換したい」と強調した。

 新基地建設の賛否を問う県民投票の実施については、「(県内選挙で辺野古移設反対の)民意を示しても一顧だにされない。工事も進められる理不尽さのようなものがある」と述べるにとどめ、明言を避けた。