<金口木舌>災害時もリーダー

 スーパーマーケット、大相撲、猿―。全て今年、「総選挙」という名の人気投票が行われたものだ。沖縄市では8日、沖縄こどもの国のパンフレットのメインを決める「動物選抜総選挙」が始まった

▼兵庫県朝来市の観光名所・生野銀山で行われた「銀山ボーイズ選抜総選挙」が興味深い。投票の対象は坑道などに展示された鉱山労働者姿の60体のマネキン人形。古くさいイメージを逆手に取った地域活性化のアイデアに頭が下がる
▼今夏、日本各地で台風や大雨など災害が集中した。6日は北海道で震度7を観測する大地震が起きたばかりだ。県内では今月、統一地方選、県知事選が相次いで行われる
▼統一地方選の立候補者に最も取り組みたい分野を本紙がアンケートしたところ、「防災・危機管理対策」を選んだ候補者は少なかった。東日本大震災など大規模災害を受け、自治体の議会でも防災を議論し、対策を考える必要性が叫ばれている
▼関係機関との連携、住民の避難体制づくりなど議員に求められることは多い。災害時、地元で自ら救援活動に当たる人もいるだろう。地域に根差す議員は非常時にも頼りにされる存在だ
▼いざというときに、地域のリーダーとして、どう行動してもらえるか、という点も判断材料になり得る。きょう9日は25市町村議会議員選挙の投票日。誰を選ぶかによって、未来が変わる。