<金口木舌>本当に必要な家電は?

 家電製品四つで生活するとしたら、何を選ぶだろうか?照明は欠かせないし、スマホで映像や音楽も楽しめる。冷蔵庫もあると便利だ。最後の一つは何にすべきか

▼ジャーナリストの稲垣えみ子さんは、東日本大震災を機に超節約生活を始めた。使用する家電製品を減らしていくと、照明器具、オーディオ、パソコン、スマホになったという。電気料金は月200円ほどで、「ない暮らし」を工夫しながら楽しみ、心豊かに過ごしている
▼台風13号が通過した翌日、宮古島市を訪れた。市内各地で停電が続き、冷房や扇風機も使えない。暑さがこたえ、電気漬けの生活が身に染みた
▼千葉県内では台風15号の影響で長期間、大規模な停電が続く。厳しい暑さが心配だったが、ここ数日は気温の変化が激しい。高齢者や幼い子どもがいる世帯などでは、命に関わる深刻な状況だ
▼世代やライフスタイルで必要な家電は異なるが、現代社会は電気なしでは成り立たない。仕事と育児・家事の両立でも冷蔵庫や洗濯機はもちろん、電子レンジや食器洗い機など、文明の利器が一助となる
▼稲垣さんの電気に頼らない生活は到底まねできないが、テレビをつけっ放しにしない、照明をこまめに消すなど、電気を大切に使う心は忘れずにいたい。被災地の一日も早い復旧を願いながら、電気と現代人の生活について改めて真剣に考えた。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス