<金口木舌>私たちには夢がある

 今年の初夢は見ましたか。夢には「夢物語」「白昼夢」など非現実的な妄想を指す場合もあるが、そうとばかりも言えない

 ▼夢で有名なのが、米国の公民権運動を率いたキング牧師の1963年の演説「I have a dream」だ。リンカーンの奴隷解放宣言から100年たっても、まだ黒人差別が残っていた
 ▼バスもトイレもレストランも黒人と白人は別々。当時、どれだけの人が人種差別がなくなる日を想像できただろうか。演説の翌年、公民権法が制定され、法の上では消えた
 ▼90年前のインド。どれだけの人が英国の植民地から脱する日が来ると思っていたか。ガンジーの非暴力主義の運動が独立へと導いた。25年前のドイツでも、どれだけの人が東西の統一を信じていたか。ベルリンの壁は崩れた
 ▼そして米統治下の沖縄。米軍の人権抑圧の中、民衆の力が一つになり、施政権返還を勝ち取った。この島には歴史を動かした実体験がある。「不可能」と思わされていたことが実現した例は世界の歴史が物語る
 ▼「基地のない沖縄」も、100年後の世代には当たり前のことかもしれない。昨年末からの茶番劇を見るとチルダイしそうにもなるが、未来の子孫のためにも私たちは歩みを止めるわけにはいかない。「きょうも明日も多くの困難に直面するだろう。それでも私には夢がある」。キング牧師の言葉が支えてくれる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス