<金口木舌>「アナと雪の女王」と沖縄女性

 ヒロインが王宮を飛び出し、自分らしく輝ける広い世界へと旅立っていく。大ヒット上映中のディズニー映画「アナと雪の女王」は女性の「自立」がテーマの一つだ。ヒロインのすがすがしい姿に喝采を送った方も多いだろう

▼「どこまでやれるか自分を試したいの」と歌う主題歌「Let It Go(ありのままで)」を聴くと心が躍る。映像の美しさにも息をのむ
▼久米島町出身のCGアーティスト糸数弘樹さんが制作に携わっていることをニュースで知り、作品が身近になった。スケッチをコンピューターで立体(3D)に起こすモデリングが仕事で、王様の城や氷柱の制作などを手掛けた
▼県出身者の活躍は県民の誇りだ。海外で活躍といえば、那覇市出身の嘉数悠子さんも注目を集めている。米国ハワイ島にある「国立天文台ハワイ観測所すばる望遠鏡」に勤務し、データ解析、宇宙や天文学に関する講演を手掛ける
▼小学生のころから星を見上げた。推理小説が好きで、何かを解明することに魅力を感じたという。日本では少ないとされる理系の女性研究者が増えてほしい。嘉数さんは、天文学者に必要な資質として探求心やめげない気持ちを挙げる
▼宇宙の謎を解き明かす研究に打ち込む嘉数さんの姿は、広い世界に出て挑戦する「アナと雪の女王」のヒロインと重なる。沖縄の子どもたちのいい目標だ。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス