<金口木舌>移民政策

 テレビのコント番組で、宇宙人総理が宇宙移民政策を掲げて解散総選挙に打って出た。視聴者参加の総選挙で、宇宙人総理が過半数を確保した

▼現実の世界ではシリアからの難民で欧州が揺れている。トルコに漂着した3歳児の遺体の映像に世界が心を痛めた。難民を受け入れる国があれば抵抗する国もあり、戦後最悪の危機とされる難民問題で各国の対応が分かれる
▼安倍晋三首相は米国での会見で、難民の一部を日本が受け入れる考えがないか問われ、こう答えた。「人口問題として言えば、移民を受け入れるよりも前に女性や高齢者の活躍であり、出生率を上げていくにはまだまだ打つべき手がある」。できの悪いコントのようだ。この姿勢は国際社会にどう映るだろう
▼少子化による人口減をにらみ、労働力としての外国人が注目されている。安倍政権でも一時、技術者を中心に年間20万人の移民受け入れが検討されたこともあった
▼沖縄でもコンビニなどの店員に東南アジアの若者が目立つようになった。県内企業のアジア展開を見越した外国人採用の動きもある。増加する海外観光客の接客で外国人労働者を配置する店舗も少なくない
▼コント番組で移民政策は支持されたが、現実は単純ではない。難民は受け入れないが「役に立つ」外国人は受け入れて活用する。そんな自国の都合だけでは見識が問われる。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス