有料

<訃報>作家「JRの妖怪」 小林峻一さん


社会
この記事を書いた人 Avatar photo 共同通信

 小林 峻一さん(こばやし・しゅんいち=ノンフィクションライター、本名靖彦=やすひこ)17日午前6時20分、間質性肺炎のため津市の病院で死去、82歳。津市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長女あゆ子(あゆこ)さん。

 主な著書に「JRの妖怪」「ソニーを創った男」など。共著の「闇の男 野坂参三の百年」で第25回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。

(共同通信)