地域

イノシシ大接近! カメラ目線でえと交代前にごあいさつ?

大山さんに5メートルまで近づいたリュウキュウイノシシ=13日、大宜味村喜如嘉

 【大宜味】今年1年お世話になりました? 13日夕方、沖縄県大宜味村喜如嘉の林道にリュウキュウイノシシがひょっこりと姿を見せた。撮影した同村の大山章さん(55)は「今年も残り少し。えとの役割を終える前に、一足早く『よいお年を』とあいさつに来てくれたのかもしれない」と笑った。

 リュウキュウイノシシはニホンイノシシの亜種とされ、奄美諸島から沖縄本島、石垣島、西表島などの沖縄諸島に生息する。小型で体長90~110センチほど。主に夜に行動し、木の実や小動物を食べる。

 大山さんは国頭村奥間の「オクマプライベートビーチ&リゾート」で働きながらやんばるのエコガイドも務めている。リュウキュウイノシシは人を見ると逃げる臆病な性格だという。

 今回、遭遇した個体は約5メートルまで近づいても逃げなかった。「これまでにも見つけたことがあるが、いつもすぐ逃げてしまう。今回のイノシシはカメラ目線までくれて、まるで本当にあいさつしてくれているようだった」と笑顔で話した。




関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス