政治
参院選2019

辺野古新基地、税金の使途論点に 参院選初当選の高良鉄美氏

 琉球新報は22日、21日投開票の参院選沖縄選挙区で初当選を果たした琉球大名誉教授の高良鉄美氏(65)を那覇市泉崎の本社に招き、松元剛編集局長が今後の取り組みなどについて聞いた。



インタビューで基地問題や沖縄振興などへの意気込みを語る高良鉄美氏=22日午前、那覇市泉崎の琉球新報社

 高良氏は辺野古新基地建設を阻止する手法について「辺野古に投与されている金は税金だ。それを国民に訴える。超軟弱地盤もある。工期や費用も見通せない中、主権者の税金をこのような形で使っていいのかと訴えたい」と述べ、税金の使われ方の面から国民に訴える考えを示した。

 参院議員になって最初に取り組みたいことについては「国会議員を招き沖縄の問題の経緯、歴史を学ぶ勉強会を開きたい。県民は単に辺野古に反対しているのではなく経緯があって反対している。国会で議論が広がることで全国的な問題となる」と述べた。

 また安倍政権が目指す憲法9条への自衛隊明記については「憲法上の機関となると自衛隊の役割について変更する際に憲法改正が必要となる。予算も大きくなり国民の生活に影響する。徴兵制を課すこともあり得る」と話し、反対する意向を示した。