政治

大江健三郎さん 辺野古を訪問 「市民側が勝つ」

海上から辺野古沖の様子を視察する大江健三郎さん=20日午前11時13分、名護市の辺野古沖

 ノーベル文学賞作家の大江健三郎さんが20日午前、米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設に向けた作業が進む名護市辺野古を訪れた。大江さんは、現地で新基地建設に反対する市民らの行動に「共感している。市民側が勝つという印象を持った」と述べた。

 20日午前10時半ごろ、辺野古漁港から市民船「美ら海」に乗り込み、海上を30分ほど視察した後、米軍キャンプ・シュワブゲート前を訪れた。海上から大浦湾を目にした大江さんは「実際見てみると印象が違った。透明度があって資源豊かな海に大規模な軍事基地建設の土台が造られようとしている」と危機感を表した。
 ゲート前で抗議を続ける市民らについては「市民の粘り強い運動に感銘を受けている。国が相手でも、『諦めなければ勝つ』と活動する市民運動に共感している」と話した。
 海上では名護市議の東恩納琢磨さんが同行し、大浦湾の自然の様子を大江さんに紹介した。東恩納さんは「普天間飛行場の移設だけではなく、軍艦も入れるように軍港機能も持たせようとしている」と工事計画についても説明した。
英文へ→Nobel Prize winner Kenzaburo Oe visits Henoko to support protesters