有料

紅型で総理大臣賞 豊見城の永吉さん、振り袖「雲に椿牡丹」 全国伝統工芸品公募展


社会
紅型で総理大臣賞 豊見城の永吉さん、振り袖「雲に椿牡丹」 全国伝統工芸品公募展
この記事を書いた人 Avatar photo 與那覇 裕子
永吉剛大さん

 2023年度第48回全国伝統的工芸品公募展(伝統的工芸品産業振興協会主催)の審査がこのほど行われ、永吉剛大さん(45)=豊見城市=の琉球びんがた振り袖「雲に椿牡丹」が最高賞の内閣総理大臣賞を受賞した。県内からの受賞は19年ぶり。来年1月18日、東京で授賞式が開かれる。

 永吉さんは紅型制作に携わって23年。受賞作品は、鎌倉芳太郎が所有していた型紙集の中の古典柄を使って制作した。色見本もないため、色鉛筆でサンプルを作りながら試行錯誤を重ねて完成させた。「紅型の元々の色彩である黄色をベースに振り袖にして表現した。今後も勉強を積み重ね、多くの人に着物を着てもらえるように制作を続けたい」と語った。

第48回全国伝統的工芸品公募展で内閣総理大臣賞を受賞した琉球びんがた振り袖「雲に椿牡丹」(伝統的工芸品産業振興協会提供)
第48回全国伝統的工芸品公募展で内閣総理大臣賞を受賞した琉球びんがた振り袖「雲に椿牡丹」(伝統的工芸品産業振興協会提供)

 ほかにも県内からは、與那覇佳栄子さんの紅型半染地帯「くるみ割人形」が若手奨励賞を受賞した。

 同公募展は、伝統的な技術・技法に現代的な新しいアイデアを取り入れた伝統工芸作品を公募・展示している。今回は全国から143種類の工芸品235点の応募があった。受賞作品は22日から来年1月11日まで、東京都の伝統工芸青山スクエアで展示される。

 (與那覇裕子)