社会

「工事は違法だ」 埋め立て関連作業に市民抗議 辺野古新基地建設

埋め立て工事用の土砂を運び入れるダンプ車の前で抗議する市民=8日午前10時50分ごろ、名護市安和の琉球セメント桟橋前

  米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で沖縄防衛局は8日午前、同市安和の琉球セメント桟橋と本部町の本部港塩川地区で埋め立て関連の作業を続けた。
  
  桟橋前では約20人の市民らが「赤土を美しい海に入れるな」「工事は違法だ」などと声を上げて抗議した。運搬船の出港を遅らせようと、海上ではカヌー18艇とゴムボート2隻が抗議を続けている。
  
  本部港塩川地区では、約10人の市民が監視する中で、埋め立て用土砂を積載したダンプ車が次々と台船に土砂を運び入れた。【琉球新報電子版】

  









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス