政治

首里城再建の辺野古への政治利用否定 玉城デニー知事「お考えになっていないのでは」

玉城デニー知事

 【東京】玉城デニー知事は2日、首里城再建に全力で取り組む政府の狙いが名護市辺野古の新基地建設を進める環境整備にあるのではないかと記者団に問われ、「政府はそのようなことはあまりお考えになっていないのではないかと思う」と否定した。首相官邸での再建に向けた関係閣僚会議後、答えた。

 首里城再建を巡っては、政府が全面支援の姿勢を見せることで、対立する名護市辺野古の新基地建設で県が反対を打ち出しにくくなるなど“政治利用”されることへの懸念が知事周辺にある。玉城知事は「首里城復元はウチナーンチュのアイデンティティーのよりどころであり、歴史文化の象徴でもある。その場所や歴史、文化を再現していこうということを(政府が)全力で行うという話なので、その方向で考えていらっしゃると受け止めている」と述べた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス