政治

米軍ヘリ墜落に玉城知事「非常に遺憾」 同機種の飛行停止も「強く要求」

 米海軍のMH60ヘリコプターが那覇空港から約174キロの海上に墜落した問題を受け、玉城デニー沖縄県知事は27日、取材に対し「非常に遺憾だと思う。こういう事があってはらない」と述べた。米軍に対し、原因究明と再発防止を求めていく考えを示した。同機種の飛行停止について「その点も含めて強く要求する必要がある」と話した。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス