社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄で3人目の感染者 80代男性 タクシー運転手や「ダイヤモンド・プリンセス」とは関係なく 市中感染の可能性が濃厚

新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 沖縄県内で20日、80代の男性が新たに新型コロナウイルスに感染したことが分かった。県が同日、肺炎の所見がある患者をウイルス検査し陽性反応が出た。県内1例目の本島南部在住でタクシー運転手の60代女性や2例目の那覇市在住でタクシー運転手の60代男性との関連はない。南部保健所管内の医療機関に入院しており、肺炎の所見があるという。

 集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」との関連もなく、県が追跡調査する範囲外で発生しており、県内でも市中感染が発生している可能性が濃厚となった。

 沖縄県によると、感染が確認された患者は国が示す疑い例に合致しないが、診察した主治医が症状から検査が必要と判断した。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス