社会

「事実は一切ない」とビッグワン 「新型コロナで感染者」 問い合わせ殺到、業務に支障

誤った情報に注意を促す、ビッグワンの公式ツイッター

 ディスカウントストアのビッグワン(本社・沖縄市)は5日夜、「ビッグワンみどり町店」(うるま市)に関する新型コロナウイルス感染症の誤った情報が拡散されているとして、「そのような事実は一切ありません」と否定する内容を公式ツイッターなどに投稿した。4日ごろから真偽を確かめる電話が100件以上寄せられた。ビッグワンの担当者は「今後もし被害が大きくなると、警察にも届け出ないといけない」と対応を検討している。

 SNSなどで拡散している誤った情報は「(同店で)感染者が出た」「検査官が入店して調べているのを見た」「店舗を閉めて消毒している」など。同社によるといずれも誤りだが、4、5日にツイッターやインスタグラムなどで確認された。

 みどり町店をフランチャイズ(FC)運営する、ひかり商事の前田泰志専務は取材に対し、「ずっと電話に応対して、現場は対応が大変になっている。疲れ果て、業務に支障が出ている」と声を落とした。

 ビッグワンはスタッフのマスク着用や手の消毒などの予防策を講じており、万が一感染者が出た場合は即時に公表するとしている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス