政治

PFOS含む泡消火剤、基地外へ 米軍普天間飛行場から漏れ出す

米軍普天間飛行場内で漏れた泡を確認する基地内の消防職員ら=10日午後6時すぎ、宜野湾市

 10日午後4時40分ごろ、米軍普天間飛行場から有機フッ素化合物の一種PFOS(ピーフォス)を含む泡消火剤が基地外へ漏れ出した。沖縄防衛局は本紙の取材に米側の情報として「泡消火剤が使用された際にかなりの量が宜野湾市側に漏れ出した」と答えた。

 10日午後7時現在も基地外の側溝に泡消火剤が残っている。側溝は比屋良川につながる。

 目撃者によると、日頃、輸送機オスプレイが駐機している近くで泡が発生していたという。基地内の漏出現場付近には米軍の消防が駆け付け泡消火剤を取り囲んで作業している。オスプレイが駐機している近くでも作業する米兵らが確認できる。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス