社会

米軍「危険物質扱う建物から出火」 嘉手納基地で現在も延焼中 米軍消防が消火作業

嘉手納基地内から上がる黒煙=22日午前9時すぎ、米軍嘉手納基地(読者提供)

 【中部】米軍嘉手納基地を管理する第18航空団は22日午前8時50分ごろ、基地内南側の中央部にある危険物質を取り扱う建物で火災が発生したと発表した。現在も米軍の消防が消火活動中だという。「火は施設内に封じ込めている」と説明しているが、大きく煙が上がって基地外から目撃されている。

 建物に規制線を張り、職員は避難しているという。現時点で火災原因は不明で、負傷者は報告されていない。

 同基地の外からは22日午前9時ごろ、米軍嘉手納基地の南側滑走路付近の建物から黒煙が上がっている様子が確認された。午前10時現在も煙は収まっていない。米軍は滑走路を閉鎖しておらず、午前11時すぎには嘉手納基地から離発着する航空機も確認された。基地周辺に住む人の中には異臭を訴える人もいた。

 日本側の警察や消防に連絡はない。沖縄防衛局は事実確認中という。

 沖縄署に110番通報は特になく、現在情報を収集しているという。警察などによると、同基地内で行われている工事現場で出火したとの情報が入っているという。基地外への被害はないもよう。日本側からの消防の出動はなく、詳細は分かっていない。【琉球新報電子版】



煙が上がっている建物。屋根は燃えて黒くなったと見られる=22日午前10時半、米軍嘉手納基地

嘉手納基地内から上がる煙=22日午前10時すぎ、米軍嘉手納基地

 


煙が上がっている建物=22日午前10時半、米軍嘉手納基地

火災現場(奥)と離陸するKC-135空中給油機=22日午前11時10分ごろ、米軍嘉手納基地


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス