政治
新型コロナウイルス感染症

県外―沖縄間の渡航自粛要請へ 新たに71人感染で計395人に 県発表【7月31日午後6時17分】

 沖縄県は31日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、県外と沖縄間の渡航を自粛するよう要請する方針を固めた。関係者が明らかにした。玉城デニー知事が同日中に会見を開き、対象地域などの詳細を発表する。県は警戒レベルを引き上げ、独自の緊急事態宣言を発出する方針だ。

 県は同日、新たに71人の感染が確認されたと発表した。行政検査295件で31人の陽性、保健診療で40人の陽性が確認された。県発表を合計すると感染者数は395人となった。

 一方、米軍関係者は嘉手納基地の3人の感染が確認された。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス