社会

台風5号、沖縄地方を通過 人的被害確認されず 大雨、高波に注意【8月9日午後9時】

気象庁が発表した9日午後9時現在の台風5号の予想進路図

 台風5号は9日、沖縄地方を通過した。県内での人的被害などは確認されていない。気象庁によると9日午後9時現在で久米島の北北西沖約120キロの海上にあり、中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートルで最大瞬間風速は35メートル。中心から南東側460キロ、北西側220キロで風速15メートル以上の強風域を伴いながら時速35キロで北上している。

 台風5号の影響で、9日に県内を離発着する航空便は少なくとも83便が欠航し、予約ベースで3443人の足に影響が出た。海の便では泊港と本島周辺離島を結ぶ便を中心に欠航が相次いだ。沖縄旅客船協会によると、10日の運航は早朝の天候をみて各海運事業者が判断する。

 県内の10日午後6時までに予想される雨量は多いところで150㍉を超え、海上でも11日にかけてうねりを伴う高波が発生する予定で、沖縄気象台は注意を呼び掛けている。【琉球新報電子版】



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス