社会

沖縄、38人が新たにコロナ感染 米軍関係者はゼロ【8月17日午後】

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

 沖縄県内で17日、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは38人となることが複数の関係者への取材で分かった。179人の行政検査で26人、保険診療で12人の陽性が判明した。感染者数は15日に新規感染が48人となり、12日ぶりに50人を下回ったが、16日には一転して60人となるなど増減を繰り返している。

 一方、米軍関係者の感染は確認されなかったと県へ17日に報告があった。

 16日には新型コロナウイルスに感染した男女2人が死亡したことも県が明らかにした。いずれも死因は調査中。県内の新型コロナウイルス関連死亡者は合計13人となっている。【琉球新報電子版】



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス