経済

月桃そばの「美濃作」那覇市辻で再開 老舗の味と店員引き継ぎ

那覇市久茂地から同市辻に移転し、営業を再開した「名代蕎麦処 美濃作」の従業員ら=16日、那覇市辻

 老舗日本そば店の「名代蕎麦処 美濃作」が16日、那覇市久茂地から同市辻に移転し、営業を再開した。ステーキハウス88を運営する「沖縄テクノクリエイト」(金城康次社長)が美濃作の看板を引き継ぎ、新店舗はステーキハウス88辻本店の2階に構えた。

 美濃作の従業員ら十数人の雇用も継続し、老舗の味をそのままに提供する。金城社長は「調度品やイメージもできるだけ前の店から持ってきている。美濃作の魂を引き継いでいきたい」と語った。

 開店と同時に訪れ、名物の「月桃そば」を注文した常連客の男性は「これほど本格的な味の店は沖縄にない。再開を待ちわびていた」と語った。

 営業時間は昼が午前11時~午後3時、夜が午後5~10時。水曜定休日。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス