社会

沖縄で新たに4人死亡 コロナ感染の死者計23人に【8月24日午後5時】

コロナウイルスの電子顕微鏡写真

 沖縄県は24日、新型コロナウイルスに感染し県内の医療機関に入院していた70代から90代の男女4人の死亡を確認したと発表した。死因は調査中という。新型コロナによる県内の死亡者は計23人となった。1日に発表された死亡者数は過去最多。

 中部保健所管内70代女性は、15日の保険診療で陽性となり19日に死亡が確認された。同管内の80代女性は16日に陽性となり22日に死亡が確認された。
南城市の90代女性は20日陽性、22日に死亡が確認された。豊見城市の70代男性は19日に陽性と判明し、22日に死亡が確認された。【琉球新報電子版】



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス