社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄でコロナ死亡1人、新たな感染は38人【10月22日午後】

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は22日、新型コロナウイルスに感染し入院中していた患者1人の死亡を確認したと発表した。死亡者は累計で57人となった。

 また新たな感染者は38人が確認されたと発表した。行政検査で10人、保険診療検査で28人の陽性反応が判明した。地域別では宮古島で7人、八重山で3人が確認されている。感染者の累計は発生の取り下げが2例あるため、3048人となった。推定感染経路は県内の感染者との接触者が18人、調査中が20人。

 米軍関係者の新規感染は本島中部にあるキャンプフォスターで1人が確認されたという。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス