社会

鮮やかに国王・王妃出御、一般客に披露 首里城祭始まる 焼失から1年

国王と王妃に選出された高良朝壮さんと神山聖加さんが、鮮やかな衣装に身を包んだ姿を一般客の前でお披露目した=31日



 首里城正殿などの焼失で昨年は期間途中に中止となった、琉球王朝の華やかな儀式や行事を再現する首里城祭(主催・同実行委員会)が31日に始まった。31日午前11時から「国王・王妃出御(しゅつぎょ)」があり、昨年、国王と王妃に選出された高良朝壮(ともあき)さんと神山聖加さんが、鮮やかな衣装に身を包んだ姿を一般客の前でお披露目した。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、首里城祭は規模を縮小して実施される。国際通りで例年実施している「琉球王朝絵巻行列」は中止。「国王・王妃選出大会」も中止で、昨年度に続いて高良さんと神山さんが国王役と王妃役を引き続き担う。 首里城祭は11月3日までで、期間中は伝統芸能公演なども行われる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス