琉球新報音声ニュース 聞く沖縄

音声ニュース(11月7日~13日)県立博物館・美術館に応募ゼロ、沖縄タイムス元社員逮捕


 1週間、お疲れ様です。今週のダイジェストニュース5本をAIが読み上げてお届けします。

 

音声ニュースの使い心地はいかがでしょうか?

利用者アンケートへの協力お願いします!

アンケートはこちら

 

 

 

今週のニュース・ダイジェスト版

ニュース1

沖縄タイムス元社員を逮捕 給付金詐取容疑 マスコミ関係者で初


沖縄タイムス社

新型コロナウイルス感染拡大で、収入が減少した個人事業者に、最大100万円が支給される持続化給付金を国からだまし取ったとして、沖縄県警は13日午後、沖縄タイムス元社員の40代の男を詐欺容疑で逮捕しました。

捜査関係者によると、容疑を認めているといいます。

元社員はタイムス社在籍中に、100万円を不正に受給していたといいます。マスコミ関係者の摘発は全国で初めて。沖縄タイムス社は10月8日付けで元社員を懲戒解雇処分としていました。  >>記事を読む

 

 

 

ニュース2

米兵による相次ぐ事件事故に、沖縄県が抗議


先週から今週にかけて、米兵による事件事故が相次ぎました。

8日にうるま市で、タクシー運転手の首を絞めて現金約1万円とタクシー1台を奪ったとして、キャンプ・ハンセン所属の米海兵隊上等兵が強盗容疑で逮捕されました。10月31日から11月1日未明にかけては、中北部で米兵が暴れ、傷害容疑などで5人が逮捕されました。7~8日にかけては酒気帯び運転容疑で米兵2人も逮捕されています。

玉城デニー知事は8日、「日常的に米軍基地と隣り合わせの生活を余儀なくされている県民に、大きな不安を与えるもので、強い憤りを禁じ得ない」とコメントを発表しました。県の謝花喜一郎副知事は10日、外務省沖縄事務所の橋本尚文沖縄担当大使と、沖縄防衛局の田中利則局長を県庁に呼び出し、抗議しました。>>記事を読む

 

 


ニュース3

県立博物館・美術館の指定管理、応募ゼロ 来年4月からの「後任」決まらず


沖縄県立博物館・美術館

県立博物館・美術館の来年4月からの指定管理者の公募期間に応募がなく、10日現在、次の指定管理者が決まっていません。

財団はコロナ禍による収入減への補助や指定管理料の引き上げなど、新たな判断材料の提示があれば応募を検討する意向です。

県は公募で約3千万円増の3億3156万5千円を指定管理料として提示しましたが、財団は「コロナ禍は今後も続くとみられる。利用者を増やす努力はしているが、提示された条件では適切な管理運営ができないと判断した」と説明しました。

>>記事を読む

 

 

ニュース4

ジョン・カビラさんの番組がグランプリ 父の戦後史ひもとく、2020年民放連賞


番組収録時の写真(J-WAVE提供)

民放連は10日、放送文化の向上に寄与した番組を顕彰する、「2020年。日本民間放送連盟賞」の表彰式を行い、ラジオ部門のグランプリにJ-WAVE制作の「J-WAVE SELECTION GENERATION TO GENERATION~STORIES OF OKINAWA~」を選びました。

オンラインで表彰式を見守ったというカビラさんは、「川平家のみならず、全国、全世界の家族にストーリーがある。皆さんにも各家庭でいろんな世代の話を聞いてほしいとの思いを込めた」と振り返りました。

同番組は7月の「ギャラクシー賞」でもラジオ部門大賞を受賞しました。

>>記事を読む

 

ニュース5

「カマラさん、ぜひ嘉間良へ」沖縄市嘉間良、米副大統領候補と同名で注目

米副大統領就任が予定されるカマラ・ハリス上院議員のファーストネームと、読み方が同じ沖縄市嘉間良の公民館に9日、新聞やテレビ局などから取材申し込みが相次ぎました。

公民館の電話がひっきりなしに鳴る中で、普久原会長は「カマラさんが副大統領候補になった時には「同じ名前だね」と驚いた。

バイデン氏が激戦を制してから急に注目され、ちょっと戸惑っている」と笑います。

玉城デニー知事が自身のツイッターに、ハリス氏を沖縄に招いて「各国の女性リーダー的方々のサミットを沖縄で開催したい」と投稿したことについて、普久原会長は「嘉間良公民館でサミットを開いてもらえたら」と要望しました。

>>記事を読む

 

 

 

※スマートフォンでの再生を推奨します。

推奨ブラウザはGoogle Chrome、Safari

≫音声ニュースページへ



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス