政治

加藤官房長官「水陸機動団の配備計画はない」 辺野古への陸自常駐を否定

加藤勝信官房長官

 【東京】沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブに陸上自衛隊の「水陸機動団」を常駐させる極秘合意に関し、加藤勝信官房長官は25日午前の会見で「キャンプ・シュワブの共同使用により陸上自衛隊の水陸機動団を配備する計画は有していない」と述べ、否定した。

 水陸機動団は長崎県佐世保市の相浦駐屯地に2個連隊が配備され、現在3個目の連隊の配備先を防衛省が検討中だとしたが、キャンプ・シュワブへの「水陸機動団を配備する計画は有していない」と重ねて否定した。

 一方、かつて検討した事実については「詳細は私も承知していない」と述べるにとどめた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス