経済
沖縄経済ニュース

ヨーゴがサワーに!WATTAとコラボ、24日発売 オリオンビール

沖縄森永乳業とコラボして発売する「WATTAヨーゴ」

 オリオンビール(豊見城市、早瀬京鋳社長)と沖縄森永乳業(西原町、知念良明社長)は17日、コラボ商品の缶酎ハイ「WATTA(ワッタ)ヨーゴサワー」を24日から数量限定で発売すると発表した。

 ヨーゴは、1962年に「ゲンキヨーグルト」として誕生し、県内では子どもから大人まで広く親しまれている。ワッタヨーゴサワーは、甘く、はなやかな香りと優しい味わいが特長。1缶当たり100億個の「シールド乳酸菌」を配合している。アルコール度数は3%で、350ミリリットル入り。店頭想定価格は税抜き170円。

 オリオンは2カ月に1度、ワッタの限定商品を発売している。

 早瀬社長は「世界に一つしかない大人のヨーゴができた」と自信をのぞかせた。知念社長は「若い人たちに支持されているワッタとのコラボで、ヨーゴにもフォローの風が吹くことを非常に期待している」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス